お米のおいしい炊き方

まずは炊飯器で炊く一番基本的なご飯の炊き方です。
当たり前のように炊いているご飯も、きちんとポイントを押さえて炊飯することでより美味しさが引き出せます。

洗米
1.洗米
お米はゴシゴシ研ぐというよりも、たっぷりの水でさっと洗うようにします。まずボウルにたっぷりの水をはり、計量した米を一気に入れます(米に水を注ぐと、吸水にむらができる)。1回目の洗米は、米がぬか臭くならないようにするため手早く洗ってすぐに水を捨てます。その後、水を4~5回ほどかえて洗います。完全に澄むまで洗う必要はありません。
洗米
2.水加減
基本的には炊飯器の目盛り通りの水量で大丈夫ですが、この目盛りはあくまでも目安量です。お米を計ったカップと同じカップでキッチリと水加減をすると、さらに美味しく炊き上がります。普通の白米の場合、洗う前のお米の容量の20%増し、新米は10%増しを標準とします。軟らかめ、硬めなど各家庭の好みにあわせて、水を多め、少なめに調整するのがよいでしょう。
洗米
3.吸水
ふっくらしたごはんを炊くコツは、お米に充分水を吸わせることです。最低でも、夏30分、冬2時間程度は吸水させるようにしましょう。この吸水時間で炊きあがりにかなり差が出ます。吸水時間が長ければ長いほど良いというものではありませんのでご注意を。もしどうしても洗ってすぐに炊かなければならない場合は、水ではなくぬるま湯に米を浸して炊いてください。
洗米
4.炊飯
炊飯器で炊く場合はスイッチを押すだけですから特に注意する点は無いと思います。タイマー炊飯などの場合は、吸水時間が長くなりすぎないように注意してください。炊飯が終わったらすぐに蓋を開けずに10~15分程度蒸らし、その後しゃもじで釜の底から返すようにご飯をさっくりと混ぜます。
美味しく炊く裏技

ご飯がより美味しく炊けると言われている裏技を、皆さんもいくつかご存知ではないでしょうか。一般によく知られているご飯が美味しく炊ける裏技をいくつかご紹介します。

  • もち米をひとつかみ加える(米の量の1割程度)
  • 酒を少量加える(米1合に対し大さじ1程度)
  • みりんを少量加える(米1合に対し大さじ1/2程度)
  • 備長炭を入れて炊く
  • サラダオイルを数滴加える
  • にがりを加える
  • はちみつ少量を加える
  • 一度沸騰させて冷ました湯(白湯)で炊く
  • 別の種類の米と混ぜて炊く

などなど。ちなみにおすすめ方法は「みりん」です。少量加えるだけなのでお手軽ですし、甘みの少ない米にも適度に甘みが出て、つやもよくなります。色々試して、一番美味しく変身してるなぁと思われる方法を見つけてみてください。